ver.1.0.0 / LastUpdate:

YMF825Board Rev.A

概要




ヤマハ株式会社が発売しているYMF825(SD-1)を搭載しいる基板です。
SD-1は4opの16polyのFM音源チップです。SPI通信でレジスタを直接制御する基板となっています。
基板には水晶を搭載し、チップにはDACとアンプを内蔵しています。
そのため、レジスタを制御するだけで音を出すことができます。

特徴

・3.5mmヘッドフォン出力
・12.288MHz水晶
・YMF825搭載
 ・スピーカー出力
 ・クロック同期式シリアルインタフェースを内蔵(SPI互換)
 ・FM音源
 ・3バンドのイコライザを内蔵
・IOVDD(5V、3.3V切替)

設計データ

回路図


レイアウト図(Top of view)


電源

5V単一電源で使う場合

回路図のままお使いください。3.3V端子は使用しません。
5VとGNDから電源を入れて下さい。

5Vと3.3Vの2電源で使う場合

3.3Vからも電源を入力してください。また、回路の変更が必要です。
R0を取り外し、S1にハンダを盛ってショートさせて下さい。


仕様

端子表

端子番号と機能名 機能説明
0:SS シリアルインターフェイスのスレイブセレクト(チップセレクト)
1:MOSI シリアルインターフェイスのマスターアウト、スレーブイン、YMF825Boardへの入力
2:MISO シリアルインターフェイスのマスターイン、スレーブアウト、YMF825Boardから出力
3:SCK シリアルインターフェイスのクロック
4:GND 基準電圧グラウンド
5:5V 5V電源入力
6:RST_N YMF825のリセット、パワーオンリセット、ソフトウェアリセットがあるので未接続でもOK
7:AUDIO LINE出力、回路図参照
8:3.3V 3.3V電源入力、2電源時に使用する

ハードウェア仕様

項目 内容
スピーカー出力 0.9W 8Ω
シリアルインタフェース MAX 10MHz
Vih 0.8 x IOVDD
Vil 0.2 x IOVDD
5V 4.5V〜5.5V
3.3V 3.0V〜3.6V
動作温度範囲 -20℃ 〜 85℃